製品紹介Product introduction

耐久性向上鉄筋

耐久性向上鉄筋 (一財)日本建築センター評定取得 溶融亜鉛めっきを使用

開口部等(床開口、出入口開口)は、不連続断面であり、構造的にも力の流れが複雑となり、亀裂が生じやすい状況にあります。
建築物の耐久性を考えれば、開口部等に用いる補強筋(斜め筋、メッシュ筋)は、めっき鉄筋を採用することが望ましいと考えております。
"めっき鉄筋”は、コンクリート中においても恒久性があることは、多くの研究でも解明されております、また耐久性に優れ、付着性能もめっき無し異形棒鋼に比べても同等です。

特長

1.適用されている溶融亜鉛めっきは、JIS H8641 HD2-55の規格で、
 過酷な腐食環境下でも使用可能です。
2.JIS G 3112「鉄筋コンクリート用棒鋼」に規定される機械的性能を保持します。
3.下記図参照

各種鉄筋とめっき鉄筋の比較
普通鉄筋 エポキシ鉄筋 めっき鉄筋
付着力強度

1

0.8

1

コスト

1

2

×

1.5

犠牲防食作用
耐熱性 ×

※犠牲防食作用とはめっき鉄筋にキズがついた場合でも、鉄と比べ、イオン化傾向の大きい亜鉛(Zn)が、先に溶解することで、鉄を保護し、腐食から守る作用です。

製品寸法

耐久性向上鉄筋施工例

鉛直部
水平部
誘発目地部
スリット部の補強筋や誘発目地部の鉄筋近くは、かぶりが小さく暴露状態(鉄筋が腐食される環境下)に晒されています。それらの部分に耐久性向上鉄筋を使用することで、建物の耐久性を向上させることができます。

開口部における耐久性向上鉄筋施工例

壁開口図
スラブ開口図

製品一覧

ダイヤレン

ダイヤレン

施工精度、補強効果に大変優れた開口補強金物です。

ダイヤレン
ダイヤレンNS

ダイヤレンNS

普通強度から高強度の構造材料まで幅広い適用範囲の高強度開口補強金物です。

ダイヤレンNS
コーリョーフープS

コーリョーフープS

D10~D22まで対応でき、スリム加工はD10~D16まで対応可能な溶接閉鎖型せん断補強筋です。

コーリョーフープS
エムケーフープ

エムケーフープ/エムケースリム

高強度鉄筋MK785材を使用したせん断補強筋。柱・梁の過密配筋を解消します。

エムケーフープ/エムケースリム
WIN-S

WIN-S

ひび割れ巾の拡大を強力に防止。乾燥収縮ひび割れを大幅低減する高強度開口隅部補強筋です。

WIN-S
K-SK

K-SK

スリーブを確実に固定してずれを防止し、適正なかぶり厚さを確保した固定金具です。

K-SK
KSキャップ

KSキャップ

ワンタッチでスリット材を保護し、かぶり厚を確保する壁縦筋用のキャップです。

KSキャップ
KS振れ止筋

KS振れ止筋

スリット部の防錆振れ止め筋です。

KS振れ止筋
K-GH

K-GH

工場製作で高精度かつ納期短縮できるガードレール支柱基礎補強筋です。

K-GH
スーパーウォール

スーパーウォール

施工時間の短縮に貢献する開口部の耐震壁新設時のアンカー周りの割裂防止筋です。

スーパーウォール
D-タラップ

D-タラップ

滑りにくく安全。ステンレス製タラップに代わる亜鉛メッキ鉄筋製タラップです。

D-タラップ
耐久性向上鉄筋

耐久性向上鉄筋

日本建築センター評定を取得した溶融亜鉛めっき鉄筋です。

耐久性向上鉄筋
ダイヤレン

Z-Mダイヤレン工法

Z-Mダイヤレン工法はRC梁端部の貫通孔の補強法です。下がり天井幅を縮小し、広い室内空間を実現します。

Z-Mダイヤレン工法
近接開孔 サムネ

ダイヤレン近接2H-X工法

本工法では、開孔同士の中心間隔を従来の3倍から最小2倍まで近接して配置することを可能としました。

ダイヤレン近接2H-X工法
ダイヤレン

住宅基礎用ダイヤレン

シングル配筋基礎用のスリーブ補強筋です。

住宅基礎用ダイヤレン

会社概要

当社は、仙台営業所から九州営業所まで、全国に6拠点の営業所と、国内4拠点の生産工場を構え、建築工事の省力化と施工性の向上に資する製品の研究開発を行っております。

ダイヤレン計算用シート

ダイヤレン補強計算のご依頼

ダイヤレン導入をお考えのお客様はこちらから計算シートをお送りください。
弊社計算センターで計算処理を行います。

仕様書・カタログのダウンロード

仕様書・カタログのダウンロード

■評価書・評定書、性能証明書
■技術資料
■仕様書・標準寸法図
■製品カタログ
各製品のカタログや評価書、技術資料などが、こちらよりダウンロードいただけます。

ページトップへ