製品紹介Product introduction

スラブ開口部ひび割れ補強筋 スラブレン

スラブ開口部ひび割れ補強筋 スラブレン

RC造スラブ開口補強には、開口補強要領に準拠して配筋される在来補強を用いることが一般的です。しかしながら、スラブ開口は密集して設置されることが多く、在来補強では定着長さの関係で配筋が困難となる場合が多く、特にひび割れ補強の斜め筋は、隣接する開口とも干渉してしまうことがあります。
また、在来補強の斜め筋は、主筋及び配力筋の内側に配筋することになるため、ひび割れ補強でありながらコンクリート表面から離れた箇所に配筋せざるを得ないのが実状です。
溶接閉鎖型の「スラブレン」は、非常にコンパクトな製品サイズのため、在来補強では収まりが厳しい梁際のスリーブや、密集するスリーブに対してもしっかり配置することが可能です。また、「スラブレン」は、コンクリート表面に近い位置に配筋可能であるため、ひび割れ発生の抑えに大変効果的な商品です。

特長

・非常にコンパクトな製品サイズ
梁際のスリーブや密集するスリーブに対しても設置することが可能です。

・コンクリート表面に近い位置に配筋可能(かぶりが取れれば主筋位置でも可)
在来斜め筋と比較して、ひび割れの伸展の抑制に大変効果的な製品です。

・かぶり厚さを35㎜確保
ボイド管を使用の場合、スラブに必要なかぶり厚さ30㎜以上を確保できます。

製品規格

施工方法

・1開口につき2枚のスラブレンを設置し結束します。
・スラブレンは、主筋位置(推奨)、もしくは配力筋位置で、かぶり厚さを確保できる位置にセットします。
・表面側のスラブレン設置位置は、コンクリート表面に近い位置(主筋の位置)に配筋するとひび割れに対してより効果的です。
・スラブ筋は、スラブレンより外側で切断します。
・スラブレン設置の際は、所定のかぶり厚さを確保してください。
※スラブレンは、在来補強筋の斜め筋の代用品です。鉄筋を切断した際の縦横の追加補強筋は別途必要となりますのでご注意下さい。

ひび割れ実験

※図中の溶接閉鎖形補強はスラブレンを示す
【実験概要】
在来補強と溶接閉鎖型補強スラブレンの実大試験体を作成し、ひび割れの発生状況を約1年間観察した。在来補強と溶接閉鎖型補強は対称配置とし、ひび割れ補強筋以外の条件は同様とした。いずれも切断された主筋及び配力筋の本数分は、開口際に補強筋として配筋している。

【実験結果まとめ】
1.ひび割れ発生箇所は、それぞれ8か所中、在来補強は8か所全て、溶接閉鎖型補強は3か所であった。
2.ひび割れ幅は、在来補強で最大0.10㎜、溶接閉鎖型補強で0.04㎜であった。
3.ひび割れ長さは、在来補強で最長100㎜、溶接閉鎖型補強で最長50㎜であった。
4.溶接閉鎖型補強筋はコンクリート表面に近い位置(配力筋の位置)に配筋可能であるため、ひび割れの発生を抑える効果が在来補強より高いと考えられる。
5.溶接閉鎖型補強筋はコンクリートの拘束効果により、ひび割れ幅やひび割れ長さを抑える効果が在来補強より高いと考えられる。

スラブレン寸法図

製品一覧

ダイヤレン

ダイヤレン

施工精度、補強効果に大変優れた開口補強金物です。

ダイヤレン
ダイヤレンNS

ダイヤレンNS

普通強度から高強度の構造材料まで幅広い適用範囲の高強度開口補強金物です。

ダイヤレンNS
コーリョーフープS

コーリョーフープS

D10~D22まで対応でき、スリム加工はD10~D16まで対応可能な溶接閉鎖型せん断補強筋です。

コーリョーフープS
エムケーフープ

エムケーフープ/エムケースリム

高強度鉄筋MK785材を使用したせん断補強筋。柱・梁の過密配筋を解消します。

エムケーフープ/エムケースリム
WIN-S

WIN-S

ひび割れ巾の拡大を強力に防止。乾燥収縮ひび割れを大幅低減する高強度開口隅部補強筋です。

WIN-S
K-SK

K-SK

スリーブを確実に固定してずれを防止し、適正なかぶり厚さを確保した固定金具です。

K-SK
KSキャップ

KSキャップ

ワンタッチでスリット材を保護し、かぶり厚を確保する壁縦筋用のキャップです。

KSキャップ
KS振れ止筋

KS振れ止筋

スリット部の防錆振れ止め筋です。

KS振れ止筋
K-GH

K-GH

工場製作で高精度かつ納期短縮できるガードレール支柱基礎補強筋です。

K-GH
スーパーウォール

スーパーウォール

施工時間の短縮に貢献する開口部の耐震壁新設時のアンカー周りの割裂防止筋です。

スーパーウォール
D-タラップ

D-タラップ

滑りにくく安全。ステンレス製タラップに代わる亜鉛メッキ鉄筋製タラップです。

D-タラップ
耐久性向上鉄筋

耐久性向上鉄筋

日本建築センター評定を取得した溶融亜鉛めっき鉄筋です。

耐久性向上鉄筋
ダイヤレン

Z-Mダイヤレン工法

Z-Mダイヤレン工法はRC梁端部の貫通孔の補強法です。下がり天井幅を縮小し、広い室内空間を実現します。

Z-Mダイヤレン工法
近接開孔 サムネ

ダイヤレン近接2H-X工法

本工法では、開孔同士の中心間隔を従来の3倍から最小2倍まで近接して配置することを可能としました。

ダイヤレン近接2H-X工法
ダイヤレン

住宅基礎用ダイヤレン

シングル配筋基礎用のスリーブ補強筋です。

住宅基礎用ダイヤレン
スラブレン

スラブ開口部ひび割れ補強筋 スラブレン

RC造スラブ開口部の補強筋です。

スラブ開口部ひび割れ補強筋 スラブレン

会社概要

当社は、仙台営業所から九州営業所まで、全国に6拠点の営業所と、国内4拠点の生産工場を構え、建築工事の省力化と施工性の向上に資する製品の研究開発を行っております。

ダイヤレン計算用シート

ダイヤレン補強計算のご依頼

ダイヤレン導入をお考えのお客様はこちらから計算シートをお送りください。
弊社計算センターで計算処理を行います。

仕様書・カタログのダウンロード

仕様書・カタログのダウンロード

■評価書・評定書、性能証明書
■技術資料
■仕様書・標準寸法図
■製品カタログ
各製品のカタログや評価書、技術資料などが、こちらよりダウンロードいただけます。

ページトップへ